2009年05月12日

一人暮らしの家電選び

一人暮らしを始めるには、多くの家電をそろえる必要があります。
これから毎日使うので、自分に合った使いやすいものを選びたいですよね。

また、一度にいくつかの家電を購入すると思うので、できるだけ費用を抑えたいものです。

それでは、一人暮らし用家電を選ぶポイントを、それぞれの家電ごとに紹介します。

「洗濯機」は、乾燥機能が付いているのかがポイントとなります。

この機能があると、花粉の季節や空気の汚れが気になり外に干したくない、という人にとってはとっても便利です。

また、外に干すのが怖い、という女性にもおすすめです。

一人暮らしならシングル用のもので十分ですが、サイズを念のために確認すると安心です。

最近では、「ドラム型」というものがありますが、比較的サイズが大きいので、従来のような縦型の方が良いでしょう。

「冷蔵庫」は、自炊をするかによって、大きさを検討する必要があります。

自炊する人は、375Lを目安に大きいサイズを購入すると良いです。

逆に、自炊をほとんどしない人は、200L以下のもので十分だと思います。

ポイントとしては、一人暮らしでは頻繁に使うと思われる冷凍庫の部分が、どれくらいあるかです。

また、事前に、置き場所の広さを確認しておきましょう。

放熱の関係で、少し開けて設置する必要があるので、そのことも考慮しましょう。

「テレビ」は、スペースをとるブラウン管よりも、薄型の液晶を購入しましょう。

より安いものを求めるのなら、中国や韓国、台湾製のものが売られています。

品質を問題としないのならば、これらでも良いではないでしょうか。

「電子レンジ」は、大きさに注目しましょう。

買ってきたお弁当を温める場合に、小さすぎるとお弁当の箱が入らない可能性があります。ターンテーブル方式よりも、そのままの状態で温められるものの方がおすすめです。

機能としては、レンジとオーブンの機能があれば十分でしょう。

他にもいろいろと必要になってくると思いますが、どの家電を選ぶにしても、自分がどのように生活していきたいかをよく考慮して選びましょう。

レッグマジック ルエモ 口コミ スリムセブン
posted by gen | 一人暮らしの生活費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月17日

引越し業者の選び方

初めて一人暮らしを始める人は、さまざまな不安があると思います。

一人暮らしを始める前に、まず引越しをしなければいけません。

とくに、引越しをするのが初めての人が、引越し業者に頼む際に、どこの業者が適切か迷うと思います。

そんな引越し初心者のために、引越し業者を選ぶポイントを紹介します。

まず、できるだけ多くの業者に見積もりを取って、それぞれの料金を比較しましょう。

ほとんどの業者が、無料で見積もりを取ってくれますし、最近では、インターネットでも簡単に見積もりができます。

ただ、引越し料金だけで選んではいけません。

接客態度やサービスの内容に不満があれば、せっかくの新生活も良いスタートが送れませんよね。

安さだけを基準にするのではなく、気持ちよく任せられる業者を選ぶことも大切です。

また、近所の人や知り合いの評判を聞くことも重要です。

とくに、引越しをしたことがある人の話は、とても役に立つと思うので、何人かに聞いてみると良いでしょう。

もし見積もりの際に、引越し業者の営業マンから、内金や手付金などを求められても、断ってください。

これはルールを守っていないので、そのような営業マンのいる業者には、頼まない方がよいです。

また、運輸省の許可を受けているかどうかも、確認すると良いでしょう。

大手の業者はほとんどが受けていると思います。

許可を受けている業者は、緑ナンバーをつけた営業車を使用しているので、それを確認すると良いです。

セルブライト スキンフェイズクリーム セルブライト バイオセル4GF
posted by gen | 一人暮らしの生活費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月15日

引越しの方法

引越しを行なう方法は、自分で運ぶ方法と、引越し業者に頼む方法があります。

まず、自分で引越しを行う場合ですが、自分の車で荷物をすべて運ぶか、レンタカーなどを借りて、自分で運ぶという方法になります。

家族や友人などの知り合いに手伝ってもらえば、かなり安く引越しができます。

しかし、遠方へ引っ越す場合は、専門業者に頼んだ方が良いと思います。

また、自分で下手に引越しの作業を行なっていて、今の部屋や新しく住む部屋を傷つけてしまっては、敷金の返還の際に影響を与えてしまいます。

だから、荷物は慎重に運ぶように気をつけましょう。

引越し業者に頼む場合は、引越し作業がとても楽に進みますが、それだけ費用がかかってきます。

特に、大型の家電製品やベッドなどの大きな家具を運ぶ際は、家賃の1ヶ月分程度の費用がかかってしまいます。

さらに、荷造りを業者にやってもらうようなサービスを利用すると、追加の費用がかかってきます。

荷造りは、事前に自分でやっておきましょう。

また、ダンボールを無料でくれる会社もありますが、一定数以上は有料となることがあります。

引越し業者を決める際に便利なのは、「引越達人セレクト」や「引越し比較.com」などの引越し比較サイトです。

大手の引越し業者も含めて、数多くの業者から見積もりをまとめて取ることができ、一度に比較することができます。

見積もりを、多くの業者から取ることで、値下げを要求する際に役立つ場合もあります。

ただ、引越しのピークとなる時期は、なかなか値下げが難しいこともあります。

逆に、それ以外の時期は、値下げしてくれることが多いので、多くの見積もりを取っておくと、値下げ交渉に役立つと思いますよ。

ファンキーフラ エヌナノアフターシェイブジェル アイピカ
posted by gen | 一人暮らしの生活費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

共益費と管理費とは

共益費や管理費とは、階段や廊下、エレベーターなどの、他の居住者と共用する部分を、維持したり管理したりするために必要となる費用です。

廊下などにある電灯が切れたときに交換したり、清掃をしたりするために使われます。

ただ、捉え方によって、全体の割安さを強調するために、家賃と共益費や管理費を別にしている、とも思えます。

たとえば、家賃6万円よりも、家賃5万9千円で共益費1000円、という方が一見安いような感じがしませんか。

これが共益費や管理費が存在する本当の意味かもしれません。

もちろん全ての場合ではありません。
しっかりと掃除を行なってくれる管理会社もあります。

実際に、部屋の情報誌やネットの情報を見てみると、家賃だけを見て安いと感じても、別に共益費が3000円かかることがわかり、「結局安くないのか・・・」と思ったことありませんか。

ところが、家賃交渉の際に、もっとも費用を下げてもらいやすいのが、この共益費や・管理費なのです。

安くしてもらえるかはわかりませんが、試しに聞いてみると良いでしょう。

また、エレベーターがある物件は、比較的、共益費や管理費が高いようです。

1階に住む人は、エレベーターを使わないのに、なんで管理費がかかるのだろうか、と不満を抱かれるかもしれません。

しかし、共益費や管理費が家賃と別にかかっていると思うから、損したように感じるのです。

その部屋の家賃というのは、すべて込みで計算した金額だと思ってください。

レッグマジックの感想 トゥルースリーパー 皇潤
posted by gen | 一人暮らしの生活費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月12日

一人暮らしの費用

一人暮らしを始めようと思っている人にとって、もっとも気になるのは一人暮らしにかかる費用ではないでしょうか。

それでは、部屋探しの際にかかる費用を簡単に計算してみます。

1ヶ月分の家賃として、共益費と管理費は含めず、金額を計算します。

「敷金」は、だいたい1〜3か月分支払います。
「礼金」は、払わなくてもよい場合もありますが、1、2か月分支払う場合もあります。

「仲介手数料」は、会社によって違いますが、半月〜1ヶ月支払います。

「日割り家賃」として、契約した月末までの家賃分を、日割り計算して支払います。

月の中旬に契約すると、「前家賃」として、契約の際に翌月分の家賃も払う必要があります。

「保険料」として、1万〜2万円程度かかります。

例として、6万円の家賃の部屋を借りた際に、必要となる費用を計算してみます。

敷金が1ヶ月、礼金が2ヶ月、仲介手数料は1ヶ月分、前家賃が1ヶ月分、日割り家賃として15日分、保険料が1万5千円として、合計で34万5千円となります。

ざっと計算しても、一人暮らしを始めようとすると、これくらいの費用がかかります。

それに加えて、不動産会社や物件によって、「カギの交換代」として、1万〜2万円程かかる場合や、「消毒代」として5千〜1万5千円くらい支払わないといけないこともあります。

それらは、任意の場合もあるようですが、たいてい強制の場合が多いです。

これで大体、一人暮らしを始める際に、必要となる費用がわかったのではないでしょうか?

勢いだけでは、一人暮らしはできないということですね。

トゥルースリーパー レッグマジックの口コミ ルエモ 口コミ
posted by gen | 一人暮らしの生活費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。